ドメインの種類-トップレベルドメイン一覧-

ドメインには種類があり、用途や意味、取得できる条件があります。
世界共通で利用される一般トップレベルドメイン(gTLD)と国や地域を割り当てた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)についてご説明します。

一般トップレベルドメイン(gTLD)

「.com」や「.net」「.org」など世界のどこからでも取得可能なドメインを一般トップレベルドメイン(gTLD)と呼びます。

一般トップレベルドメイン(gTLD)

個人や企業でも複数取得することができます。また費用負担も抑えることができ、すぐに取得できるのでおすすめです。

ドメイン 用途・意味 個人 法人
.com 商用サービスを対象としたドメイン。現在は用途に制限はなく、サービスやブランドの紹介サイト、キャンペーンサイト、個人サイトなどに利用され世界的に人気があります。
.net ネットワークを意味するドメイン。現在は用途に制限はなく一般的なドメインとして幅広く使われています。「.com」に次いで人気があります。
.org 非営利団体を対象としたドメイン。現在は用途に制限はなく一般的なドメインとして幅広く使われています。
.info 情報サービスを対象としたドメイン。現在は用途に制限はありませんが、その名称のイメージから情報を発信するサイトに利用されています。
.biz ビジネスを対象としたドメイン。商用利用にのみ使用が可能なドメインとなります。
.mobi モバイルサイトを対象としたドメイン。用途に制限はありませんが、公開したサイトやサービスがモバイル端末の閲覧に最適化されている必要があります。
.tokyo 東京を表したドメイン。用途に制限はありませんが、東京に店鋪がある企業や東京に関連する情報発信サイトに最適なドメインです。
  • ドメイン自体に取得要件は特にありませんが、さくらインターネットでは、日本国内に住所をもつ個人・団体・組織が登録対象となります。

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)

アメリカなら「.us」日本なら「.jp」のように、国や地域を表したドメインを国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)と呼びます。

汎用JPドメイン

ccTLDのうち「.jp」は汎用JPドメインと呼ばれ、日本国内に住所を持つ組織・個人・団体が取得可能です。

ドメイン 用途・意味 個人 法人
.jp 日本を表すドメイン。日本国内に住所があれば取得できます。

属性型JPドメイン

「.jp」で終わるドメインのうち、機関や組織を表したドメインを属性型JPドメイン名と呼びます。1つの組織が登録できるドメイン名は1つの種別につき1ドメインだけです。なお、1つの組織で異なる種別のドメインを取得することは可能です。

ドメイン 用途・意味 個人 法人
.co.jp 株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社など
.or.jp 社団法人、財団法人、医療法人、社会福祉法人、宗教法人、特定非営利活動法人など
.ne.jp ネットワークサービス提供者
.gr.jp 複数の個人または法人により構成される任意団体(グループ)
.ac.jp 学校法人・大学・短期大学・職業訓練校・職業訓練法人など
.ed.jp 保育所・幼稚園・小学校・中学校・高等学校など
.go.jp 独立行政法人、特殊法人

都道府県型JPドメイン

「.jp」で終わるドメインのうち、「tokyo.jp」「hokkaido.jp」のように47都道府県を表したドメインを都道府県型JPドメインと呼びます。
日本国内に住所をもつ個人・団体・組織であれば誰でもいくつでも登録できます。さくらインターネットでは転入のみ承っております。

地域型JPドメイン

「.jp」で終わるドメインのうち、「chiyoda.tokyo.jp」「sapporo.hokkaido.jp」のように地域を表すドメインです。さくらインターネットでは転入のみ承っております、なお、新規登録受付が終了しているため他の事業者でも取得することはできません。