新型コロナウイルス感染症に関する当社対応について

会社に最適なドメインの選び方

ドメイン名は会社のイメージや信頼感を構成する重要な要素です。
「.co.jp」「.jp」が選ばれる理由、会社に最適なドメインを決めるポイントについてご説明します。

会社に最適なドメインとは?

ウェブサイトは企業情報、事業内容など、情報を発信する「営業担当者」のような役割があり、
ドメイン名は会社の「顔」の1つとも言える存在です。名刺やパンフレットに印字するだけではなく、
世界中の誰もが検索結果画面などで目にすることになりますので、ウェブサイトのコンテンツやデザインと同様に、
会社のイメージや信頼感を左右する重要な要素です。

日本の企業なら「.co.jp」がおすすめ

「.co.jp」ドメインは日本で登記された会社のみが取得でき、1組織につき登録できるドメインは1つだけです。信頼性が高いことから上場企業の97%※が使用しています。「.co.jp」なら信頼できる日本企業のウェブサイトとして、訪問者も安心して閲覧することができます。

  • 2017年JPRS調べ

個人事業主なら「.jp」がおすすめ

「.jp」ドメインは日本に住所があれば誰でも取得でき、登録したいドメインとして人気があります。法人登記していない方でも安心感のあるサイトを印象づけることができます。「.jp」ドメインは企業の規模を問わずサービス紹介サイトやブランドサイトなどにも利用されてます。

会社のドメイン名を決める時のポイント

ドメイン名を会社名と同じにする

ドメイン名は会社の印象を左右する重要な要素です。ドメイン名と会社名を同じにすることで、企業イメージを強く押し出すことができ、検索した時も公式サイトだとわかりやすくなります。例えば、GoogleやYahoo!で検索した時、全く違うドメイン名だとウェブサイトの訪問者に不安感を与えてしまいます。会社名や認知されている会社の呼び方とドメイン名を合わせることで、覚えやすくわかりやすいドメインになります。

覚えやすくわかりやすいドメインのポイント

  • ウェブサイトのコンテンツと一致している
  • 短くシンプル
  • スペルの間違いにくいもの
  • 言葉で聞いてローマ字にしやすいもの

ドメインは信頼性の重要な要素

企業にとって信頼性は欠かせない要素です。その企業の信頼性をアピールするための1つとなるのが独自ドメインです。誰でも取得できるドメインもありますが、1組織1ドメインしか登録できない「.co.jp」や日本に住所がないと登録できない「.jp」は、ドメイン名を見ただけで「日本の企業」「日本のサイト」ということが判断でき、ウェブサイト訪問者に信頼感を与えることができます。

ドメイン名は長く使用する

後からドメイン名を変更することは、サーバーの設定変更、新しいドメイン名の周知、名刺やパンフレットなどビジネスツールの刷り直しなど様々なコストが発生します。また、SEO(検索エンジン最適化)の要素の1つにドメイン名の利用期間があり、長く利用されているドメイン名ほど検索エンジンに評価され検索順位に良い影響があるとされています。ドメイン名は会社名と同じように長く使用し、企業のブランドとして定着させていくことを前提に決めることが大切です。